検索

RisingSunBelts – the Blog

チャンピオンベルト専門店「ライジングサンベルト」のブログです。

ヶ月

6月 2017

【メーカー紹介】Fandubeltsの紹介(ファンドゥベルト)

今回は当店でも人気のレプリカメーカーFandubeltsを紹介します!

Fandubeltsは中国のメーカーで、2015年に発売した鋳型製のフレアーモデルで一気に名を広めました。その後もアンドレモデルやバックランドモデルなど、着実にラインナップを増やしています。

特徴はやはり3DCGと鋳造技術を駆使したデザイン。最近のWWE製レプリカも鋳造プレートで厚みと彫りの深さがありますが、Fandubeltsの立体的なデザインはその比ではありません。

当店では以前ノーブランド品として扱っておりましたが、この度ブランド明記の許可をいただきましたのでバックランドモデルの発売に合わせて、大々的にFandubeltsの名前をアピールしていこうと思います!

販売をサポートして日本のチャンピオンベルト市場が十分大きい事を示して、日本のコレクター向けベルトを作ってもらいたいな〜なんて事も考えてます。

皆さまもぜひ、コレクションに1本入れましょう!

広告

【メーカー紹介】Main Event Belts(メインイベントベルト)

このブログでも何度か書いているスコットランドのチャンピオンベルトメーカーMain Event Belts(MEB)について改めて紹介します!

http://maineventbelts.com/

このメーカーの特徴は、何と言ってもトリビュートベルトです。トリビュートベルトはプロレスラーの功績を“賛辞”(Tribute)するベルトです。

MEBは数年前に「スクエアードサークルベルト(SCB)」としてロードウォリアーズや中邑真輔選手のトリビュートベルトを作った事でベルト界の新しい流れを作りました。

SCBはレスラーの許可を取らずにベルトを作っていたため廃止となりましたが、MEBはそのコンセプトを守りつつ正式にライセンス契約を結んでベルトを作っています。

つまり、ベルトを注文するとプロレスラーにライセンス料が支払われるのです!団体の公式グッズのように、プロレスラーの応援になるんですね。

日本の皆様なら、まずはハーリー・レイスベルトはいかがでしょうか?NWAヘビーのレイスモデルをベースに、全体を2色メッキにしています。

harley-race-5

打って変わって皇帝戦士ビッグバン・ベイダーのベルトはオリジナルデザインです。ベイダーの赤をアクセントカラーに、奥からベイダーが迫りくるような力強いデザインだと思います。

vader_00

他にもヤング・バックスが新日本プロレスのWK11で持っていたスーパーキックパーティー王座ベルトなどがあります。

young-bucks-1

グレードによって価格が分けられていますので、最安300ドルから買えます。チャンピオンベルトはオリジナルデザインだと高くなりがちですが、応援グッズとしてなら十分手が届きますね!

皆様もぜひ一度http://maineventbelts.com/をチェック!

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑