検索

RisingSunBelts – the Blog

チャンピオンベルト専門店「ライジングサンベルト」のブログです。

カテゴリー

チャンピオンベルト講座

ベルト職人列伝 第1回 レジー・パークス(Reggie Parks)

チャンピオンベルト愛好家ならば知っておくべき人物、それが「キング・オブ・ベルト」レジーパークス氏です!チャンピオンベルト界のチャンピオンであるといっても過言ではありません! “ベルト職人列伝 第1回 レジー・パークス(Reggie Parks)” の続きを読む

広告

チャンピオンベルト講座 第一回 「リアルコピーとレプリカの定義と違い」

RSBのショップをご覧になられたお客様の中には、「リアルって事は実際に団体で使われたベルトなの?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。そこで、「チャンピオンベルト講座」と題して、当店での本物とレプリカの定義、そして違いを説明したいと思います。
RSBでは団体などで使われるものと同じ製法で造られたベルトを「リアルコピー」、一般向けに工場生産され市販されたベルトを「レプリカ」と定義します。
まずは生産過程での明確な違い。それはリアルコピーは少量生産であるのに対し、レプリカは大量生産である事です。
本物のベルトは多くの場合、エッチング処理した金属プレートもしくは鋳造した金属プレートにメッキを施して本革を取り付けたものをいいます。メーカーによって細かい工程に違いはありますが、どのような場合も注文に応じた1本ごとの、または少量の生産である事に違いはありません。
レプリカは基本的に薄い鉄板を金型に押し込んで模様をつけ、合成皮革を取り付けたものをいいます。その工法のため、レプリカは本物に比べて彫りが浅くなっています。アメリカのFigures&Toys社のものがレプリカとしてはもっとも広く流通しています。
もちろん、レプリカの中にも上質なものもあります。例えば以前キャラプロさんから発売されたIWGPヘビーや全日本三冠などは、その価格相応に再現度も高いですね。Figures&Toys社のものでもアンドレ86年モデルやAWAローラーモデルなどは彫りの深さと2色メッキのおかげでデザインの陰影がくっきりしています。
次に価値の違い。もちろん大量生産品であるレプリカに比べリアルコピーの方が高い傾向にあります。
通常のレプリカの相場はだいたい2、3万円ほどですが、Figures&Toys社のマスターズシリーズやキャラプロさんなどのハイエンド系なら10万円弱はするでしょう。
リアルコピーの相場はピンきりですが安くても5万円、高いものになると50万円はします。もっとも、50万円もするベルトとなると実際に有名プロレス団体で使われたものや、そもそも製造にコストと手間がかかるものに限られます。逆に安いものは加工の質が低いものや、無名団体のものであったり団体名などが入っていない「ジェネリック」なベルトになります。
RSBではリアルコピーとレプリカのどちらも、ハイエンド系のベルトに力を入れて販売していきます!

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

稼働中 ↑